レビトラを処方する渋谷のED専門クリニック

渋谷のED治療専門クリニックでレビトラを処方されました

渋谷のED治療専門クリニックでレビトラを処方されました | レビトラの働き方 | レビトラはクリニックで処方が安心

渋谷のED治療専門クリニックで処方しているレビトラは、世界で2番目に誕生したED治療のための医薬品です。
レビトラの有効成分はバルデナフィルという薬です。
バルデナフィルには成分の血中濃度が最高に達するまでの時間が短いという特徴があって、レビトラという薬のネーミングはラテン語とフランス語での男性の命の炎という意味を持ちその即効性をイメージしています。
有効成分として配合されているバルデナフィルがED症状の軽減にどのように関わっているかを理解するには、まずは男性の体に勃起現象が起こるメカニズムを知っておく必要があります。
男性が性的に興奮状態となると、体内で一酸化窒素の放出が見られます。
一酸化窒素は血管拡張物質の大量生成を促し、性器の細胞内で血管拡張に必要な物質が作られます。
この物質が働きかけることで陰茎の海綿体組織の中を通る太い動脈血管が拡張、血流量が増加して勃起が起きます。
そして、勃起現象の終わりには体内に元々ある酵素のPDE5型酵素が作用します。